Warning: date() expects parameter 2 to be long, string given in /home/373bnp/www/blogt/index.php on line 130
館山野鳥の森blog
Created in 0.0433 sec.
 
館山野鳥の森blog
 
T:579 Y:1076 Total:492471 Online:01
Calendar
prev
2018.9
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

[ カテゴリー » 野鳥 ]

2010/4/8

館山野鳥の森から徒歩で数分の堰でアオサギ、カワウなどを撮影


富士見展望台から見える大鑑院の堰で撮影したアオサギ、カワウ、カイツブリ、ツバメなど。
この堰には、バンやカルガモ、コガモも来ています。ツバメやカイツブリはここ数年、繁殖をする姿を見てきました。
22B_0830m
カワウとカイツブリ

22B_0861m
カワウ

22B_0867m
カワウ

22B_0890m
ツバメ

22B_0822m
アオサギ


— posted by Aprilfools at 04:53 pm   commentComment [0] 

2010/4/6

バン、ハシビロガモ、カイツブリなど。そして白い卵塊


館山野鳥の森から徒歩で数分の堰では、バン、ハシビロガモ、カイツブリ、カルガモ、コガモなどが来ていました。撮影をして戻り始めると、田んぼが起こされて水をはった中に白い泡状のものがいっぱい浮かんでいました。シュレーゲルアオガエルの卵塊のようです。
22B_0656m
バン

22B_0704m
ハシビロガモ

22B_0694m
カイツブリ

22B_0662m
カイツブリ

22B_0706m
シュレーゲルアオガエルの卵塊

カエルの声、シュレーゲルアオガエルの卵塊のあった田んぼの近くで録音。
シュレーゲルアオガエルの卵塊のあった田んぼにて 1394KB-MP3 Link

— posted by Aprilfools at 06:13 pm   commentComment [0] 

2010/4/5

雨の中のツグミ、アオジ


雨の日の、緑の広場で撮影をしてみました。アオジやツグミがペアになって動いています。
アオジやツグミはもうすぐ去ってゆく時期が近づいています。この頃になるとさえずりが聞こえたりします。

DSC_0182m
サクラの中のアオジ

DSC_0172m
緑の広場のツグミ

DSC_0170m
ツグミ

今回は、フィールドスコープに一眼レフカメラをつけてのデジスコに挑戦してみました。
雨で暗いときにはデジスコはちょっと難しいですね。

— posted by Aprilfools at 03:18 pm   commentComment [0] 

2010/3/29

ウグイスのさえずり、ビロードツリアブの羽音


春の森はさまざまの葉の芽吹きや植物の開花が楽しめます。
そして、春を告げる音にも満ちています。
水辺の森付近で撮影したメタセコイアやラクウショウの芽吹きと、ビロードツリアブの羽音、ウグイスのさえずりと谷渡りなど。
ビロードツリアブの羽音とウグイスの鳴き声など 1906KB-MP3 Link
ウグイスの鳴き声と谷渡り
ウグイスのホーホケキョと谷渡り 1875KB-MP3 Link
左のCategory 野鳥 さえずりをクリックして過去の音声の一覧を出すことができます。

— posted by Aprilfools at 02:19 pm   commentComment [0] 

2010/3/26

カンムリカイツブリ


南房総県民センター安房事務所の担当から、近くの海岸で野鳥の保護をするのだけど種類を教えて欲しいという電話を頂戴しました。
おやっ!珍しい鳥かなと、平砂浦海岸へ出かけてみました。
カンムリカイツブリが砂浜にあがっていました。沖合いには仲間なのか数羽が波に浮かんでいました。
22A_9978m
カンムリカイツブリ

22A_9985m
カンムリカイツブリ

22A_9992m
カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリが小さく見えて、沖合いには新島が見えます。
22A_9998m
カンムリカイツブリ

沖合いには伊豆大島が良く見えています。
22A_9971m
伊豆大島

利島も見えていました。
22A_9972m
利島

海岸の松林ではホオジロのさえずりが聞こえていました。

— posted by Aprilfools at 12:04 pm   commentComment [0] 

Copyright 2006 館山野鳥の森blog. All rights reserved.