Warning: date() expects parameter 2 to be long, string given in /home/373bnp/www/blogt/index.php on line 130
館山野鳥の森blog
Created in 0.0193 sec.
 
館山野鳥の森blog
 
T:785 Y:4451 Total:3034477 Online:18
Calendar
prev
2009.3
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
2009/3/24

緑の広場で撮影していると


緑の広場で撮影していると、シメとスズメ、ムクドリが盛んに餌を探していました。
しばらく撮影していると、池にカルガモがきていました。
カルガモは、静かに撮影していると逃げもせずに撮らせてくれました。
21A_7059m
シメとムクドリ

21A_7115m
シメ

21A_7030m
シメとスズメ

21A_7021m
カルガモ

21A_6988m
カルガモ

21A_6961m
カルガモ


— posted by Aprilfools at 06:14 pm   commentComment [0] 

2009/3/23

体験の森で遊ぼう「体験の森のハイキング」


平成19年度から、開催してきた体験の森シリーズも24回目は、森林インストラクターの齊藤陽子さんを迎えて、水辺の森までのハイキングを行いました。
体験の森シリーズでは、落葉針葉樹のラクウショウとメタセコイア約140本が混植された「水辺の森」の魅力を継続して楽しむことを中心に行いました。
DSC_9466m
森林インストラクター齊藤陽子さん

館山野鳥の森の新たなハイキングコースとして注目されるような演出をめざしました。
DSC_9468m
ニリンソウ

DSC_9443m
コブシ

DSC_9473m
タンポポ

DSC_9391m
アオキ

DSC_9462m
アセビ

DSC_9407m
ヒサカキ

咲いている花を観賞しながら、水辺の森へ行き、林の中で休憩しました。
午後は、ラクウショウとメタセコイアの太さを測りました。
一昨年の春に番号をつけた糸を目印に、幹周りを測るとこの2年で4センチほど生長した株と、ほとんど太さの変わらない株があることがわかりました。
太らない株はそろそろ間伐の対象になる株なのでしょうか。
DSC_9520m
入口から40番までの幹周りを測定しました。


— posted by Aprilfools at 11:43 pm   commentComment [0] 

2009/3/22

アオジやツグミ、アカハラが去ってゆくのはいつなのでしょうか。


サクラが咲いて、サシバの情報が入る頃になるとアオジやツグミ、アカハラ、シロハラなどの冬鳥が去ってゆきます。
その頃にはアオジなどのさえずりも聞かれるようで、今年は声を録音したいものだと思っています。
21A_6878m
アオジ

21A_6869m
ジョウビタキ

21A_6859m
カワラヒワ

21A_6858m
カワラヒワ

21A_6841m
スズメ


— posted by Aprilfools at 12:25 pm   commentComment [0] 

2009/3/21

緑の広場近くの池にカルガモが来ていました。


アズマヒキガエルの卵からオタマジャクシが出てきました。
今日は、日中は人が多かったので姿を見かけなかったカルガモが夕方になってやってきました。
カルガモは池で食餌。
近くから撮影が出来ました。
21A_6907m
カルガモ

21A_6894m
カルガモ

21A_6876m
アズマヒキガエルの卵

近づくと鳴きながら飛んで行ってしまいました。「音」Link

— posted by Aprilfools at 11:57 pm   commentComment [0] 

2009/3/20

館山野鳥の森から区域外へ続く道


地形図を見ると、館山野鳥の森の探鳥道から区域外へ続く道が記されています。
現状では、区域外へ続く道の利用ははおすすめできませんが、今日は山歩きの紹介を本にまとめている方が見えたので、一緒に区域外へ続く道の点検を含めて同行させていただきました。
尾根道に沿って出かけたのですが、抜けてみると予測していた道とは別の場所に出てしまいました。
やはり、区域外へ続く道は山の専門家が安全を確保しながら歩くのにとどめていただきたいものです。

— posted by Aprilfools at 11:22 pm   commentComment [0] 

Copyright 2006 館山野鳥の森blog. All rights reserved.