Warning: date() expects parameter 2 to be long, string given in /home/373bnp/www/blogt/index.php on line 130
館山野鳥の森blog
Created in 0.0235 sec.
 
館山野鳥の森blog
 
T:658 Y:2845 Total:2212968 Online:14
Calendar
prev
2008.11
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 
2008/11/26

ヒメアマツバメの渡りでしょうか。


朝から晴れたので、富士見展望台から朝の撮影をしていると双眼鏡にアマツバメらしい姿が入ってきました。
へぇ、こんな時季に渡って行くのかなとしばらく撮影をしていましたが、遠くてしっかりとは撮影できませんでした。
20A_4078s
ヒメアマツバメでしょうか。

20A_4076s
平砂浦の上空でした。

20A_4082s
ヒメアマツバメでしょうか。


新しい双眼鏡とカメラを一緒に使うことにしました。
カメラで見ていても認識できなかったと思われますが、明るめの10倍の双眼鏡では確認出来ました。
三脚に据えたカメラの上に双眼鏡をのせて使うと、世界が少し広がるのを実感しました。
鳥の名前を正しました。

— posted by Aprilfools at 10:32 am   commentComment [0] 

2008/11/25

ピーヒョロ見晴し台のベンチを補修していると夕方になりました。


木製のベンチの補修をしていると夕景の新島と神津島がシルエットで見えていました。
間伐材と杉丸太を利用したベンチで腐朽のすすんだものから補修をはじめました。
今日は、最初にピーヒョロ見晴し台のテーブルとベンチを取り替えました。
作業の途中で夕方になりました。
20A_4053m
右が新島、左のシルエットの薄いのが神津島

SN3D0759m
作業中のベンチとテーブル

SN3D0757m
このカマキリはなんだろうか。

20A_4066m
ピーヒョロ見晴し台から見た新島と神津島

野鳥の森周辺の海岸から見える新島は写真の右側の高い部分しか見えていません。
平砂浦展望台からは伊豆大島と伊豆半島の重なった部分の写真を撮影。
20A_4067m
左の水平線上に見えるシルエットの濃い部分が伊豆大島。


— posted by Aprilfools at 11:49 pm   commentComment [0] 

2008/11/24

アオサギ


館山野鳥の森から車で約10分の南房総市の長尾川河口で、3羽のアオサギが舞っていました。
アオサギは鳴き交わしながら飛び回っていました。
20A_3779m
アオサギ

20A_3780m
アオサギ

20A_3781m
アオサギ

20A_3805m
アオサギ

20A_3818m
アオサギ

大きな体の割りに用心深いのかいつもは近づくと遠くへいってしまうのですが、今日は、フレームに入りきれない位置まで来ることも多くてしばらく撮影をしていました。
20A_3768m
アオサギ

20A_3771m
アオサギ


— posted by Aprilfools at 11:38 pm   commentComment [0] 

 
2008/11/24

コガモ


長尾川の河口ではコガモが20羽ほど食餌中でした。
朝は晴れ間もあったのですが、午後から崩れて、撮影していると小雨になりました。
20A_3743m
コガモ

20A_3764m
コガモ

20A_3915m
コガモ

いつも持って行く三脚を忘れたので、今回は橋の欄干にカメラを乗せての撮影になりました。

— posted by Aprilfools at 10:12 pm   commentComment [0] 

2008/11/23

頭の白いスズメを久しぶりに見ました。


昨年の12月のブログ http://blog-yachou.chiba-forest.jp/index.php?UID=1197042798Link  に頭の白いスズメが餌台に寄っていたと書いたのですが、今日、夕方、電線に止まっている頭の白いスズメを見ました。
同じ個体なのかどうかは判りませんが、今日はしばらく電線で撮影をさせてくれました。

20A_3666m
頭の白いスズメ

20A_3685m
頭の白いスズメ


— posted by Aprilfools at 05:12 pm   commentComment [0] 

Copyright 2006 館山野鳥の森blog. All rights reserved.