Warning: date() expects parameter 2 to be long, string given in /home/373bnp/www/blogt/index.php on line 130
館山野鳥の森blog
Created in 0.0228 sec.
 
館山野鳥の森blog
 
T:1661 Y:2909 Total:2313655 Online:09
Calendar
prev
2008.6
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 
2008/6/12

野鳥の森から徒歩で数分の堰で撮影していると


夕方、事務所を閉めてから堰に行くとカイツブリの親子が今日も訓練をしているようでした。
夕方で遠いのでブレ、ボケの写真にしかなりませんが。
19C_3548m
カイツブリ

しばらくするとカルガモが帰ってきました。
19C_3561m
カルガモ

カルガモは池の外から堰に戻ると、先にいたカルガモに近寄って鳴いています。
どうも、外から帰った挨拶なのか、空を飛んで見かけた周辺の情報を伝えているのか、何なのでしょうか。(どこかに調べている人の文章があるのでしょうね)
19C_3568m
カルガモ

19C_3562m
カルガモ

撮影していると、雨になりました。しばらく待っていると、雨がやんで夕日に照らされた虹がかかりました。
DSC_4109m
虹1

DSC_4104m
虹2


— posted by Aprilfools at 11:39 pm   commentComment [0] 

2008/6/11

館山野鳥の森から徒歩で数分の堰にカルガモのヒナを確認に行くと


昨日は、濃い霧の朝になりました。
先日、13羽のヒナを見かけたカルガモのその後を観察に堰へ行くと、3羽のヒナが親と一緒に泳いでいました。
草の陰に隠れながら親のまねをして餌をついばんでいるようでした。
池には、外来らしいカメがいました。
ツバメは昨日も水面をかすめながら水浴びをしていました。
19C_3432m
カルガモ

19C_3393m
カメ、種類は後日。

19C_3359m.JPG
ツバメ

19C_3459m.JPG
ツバメ

飛んでいるツバメを撮影するのは、ブレ、ボケばかりが目だって大変なのですが、日が射してきて霧が晴れるにしたがって、シャッタースピードも速くなって撮りやすくなってきました。

今後はもっと鮮明な写真を目指したいと思います。(一眼レフカメラのファインダーを見る目と全体を見る目の左右の目の使い分けが出来たらもっと良くなるでしょうか?

— posted by Aprilfools at 01:28 pm   commentComment [0] 

 
2008/6/11

通勤途上で見かけたアナグマのおかあさん


今朝、館山市内の下真倉あたりの国道で通勤途上に見かけた事故にあった動物です。
市街地を過ぎると里山の中を貫く国道410号を通勤しているので、ときどき車にはねられた動物を見かけます。
今朝は、見通しの悪いカーブのセンターラインの付近にアナグマのメス(乳房が膨らんでいかにも子育て中のおかあさんといった感じ)が死んでいました。
携帯電話で写真を撮って道路の端に寄せて、車に戻りました。

CA390021m
ニホンアナグマのメス?

CA390022m
センターライン付近だと運転者が気にして危険なので道路の端に寄せて

CA390023m
アップでもう1枚。

子育て中だったのか、妊娠中だったのか気になるところですが、今回はここまで。

— posted by Aprilfools at 10:48 am   commentComment [0] 

2008/6/9

ボランティア会の研修会


野鳥の森ボランティア会の研修会が予定されていたのですが、雨になってしまいました。
雨天延期のご案内をしたために人によっては中止と考えた人もあると考えて、野外を観察しての研修は、改めて行うことになりました。
雨の中、集まった7名が今後の樹木ラベルの充実について、ボランティアの皆様のそれぞれの立場から、表記の方法についての意見が交わしました。
今館山市で行われている植物調査の知見を踏まえて、見直した方が良いとする意見や、館山野鳥の森の特徴を示す植物についての分類の方法など、皆様が野鳥の森をそれぞれのフィールドとして考えてくださっていることが良くわかりました。
館山野鳥の森には大正年間にサクラの木を4千本植えた記録が石碑になって残っており、今も株として残っています。
これらのサクラについても当時の苗がどのように植えられたのかなど、充実した話し合いと情報交換が行われました。
皆さん、ありがとうございました。
DSC_4083m
サクラの古株

DSC_4088m
表記の検討が必要との意見のあった植物

DSC_4081m
表記の検討が必要との意見のあった植物

今後、新たなラベルがついたらまた紹介をしてゆきます。

— posted by admin at 12:24 am   commentComment [0] 

2008/6/8

初夏の生物


初夏の生物の観察会は、キノコの図鑑を持った小学1年生を含めて、7名の参加がありました。
ボランテイァ会の山形さんが講師になりキノコを中心に初夏の生物を観察しました。
午前中は、ボランティア会の小林副会長も一緒に歩いていただき植物の説明をしていただきました。
昼は、キノコ汁を食べて、午後は緑の広場と安房神社へ観察に行きました。

DSC_4036m
図鑑でキノコを調べる

DSC_4078m
図鑑で確認。

DSC_4030m
アラゲキクラゲの確認

DSC_4041s
ダニにつかれたホタル(名前は後日)

DSC_4065s
ラミーカミキリ

仕上げは、寄せ書きをして終了。

— posted by Aprilfools at 11:46 pm   commentComment [0] 

Copyright 2006 館山野鳥の森blog. All rights reserved.