Warning: date() expects parameter 2 to be long, string given in /home/373bnp/www/blogt/index.php on line 130
館山野鳥の森blog
Created in 0.0192 sec.
 
館山野鳥の森blog
 
T:550 Y:2289 Total:3017258 Online:01
Calendar
prev
2007.2
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
 
2007/2/28

緑の広場で朝の撮影


緑の広場では今日も、いつものアオジが今日は木の枝に止まっていました。チッ、チッと鳴いています。
このごろ、シジュウカラやメジロの声がさえずりに変わっているようです。
シメも枝に止まっていました。
鳥なのですから枝に止まるのは当然なのですが、いつも地面をつついて餌を探す姿を見ていると、どちらが似合うのかなどと考えてしまいます。
ノスリは今朝もカラスに追われていましたが写真には写せませんでした。
カワラヒワも芝生で餌を探しています。
アオジLink
シメLink
カワラヒワLink
ノスリ
Link

1 of 212Next»

— posted by admin at 12:39 am   commentComment [0] 

 
2007/2/28

緑の広場で観察するのに欲しいものはカメラ付き携帯電話?


緑の広場で観察するのには、双眼鏡かフィールドスコープが欲しいのですが、双眼鏡は無料で貸し出しています。
フィールドスコープも多目的ホールに2台が設置してあります。
今日は、いつもの望遠レンズ付きのカメラ(デジタル1眼カメラに200~500ミリのズームレンズ)に変わって、フィールドスコープにカメラ付き携帯電話を使って撮影した、ツグミ、ムクドリと、洞窟で撮影したキクガシラコウモリ(鳥ではないけど)です。
ツグミLink
ムクドリ1
Link
ムクドリ2Link
キクガシラコウモリLink

1 of 212Next»

— posted by admin at 12:35 am   commentComment [0] 

 
2007/2/28

大島展望台は天神山の山頂近くなので、背負子が登場


探鳥道の最も奥に位置する天神山の山頂近くに大島展望台があります。
階段の道を通らないと入れないので、ベンチの補修に準備したのは背負子でした。
いまどき珍しいけど、今でも山道では背負子は便利な道具なのですね。
出た!背負子(作業員が手づくり)
Link
出番を待つ杉の丸太のベンチ
Link

1 of 212Next»

— posted by admin at 12:32 am   commentComment [0] 

2007/2/26

スミレ、タンポポ、フキの花


探鳥道を案内していると、スミレはもう満開状態でした。
ピクニック広場のタンポポはまだ冬の花ですね。
フキの花も咲いていました。
陽だまりはもう春なのですね。
スミレLink
タンポポ
Link
フキ
Link

1 of 212Next»

— posted by admin at 12:11 am   commentComment [0] 

2007/2/24

このごろ気づいたこと


ふれあい野鳥館や緑の広場でお客様に話しかけると、千葉県内の方が多いのですが、意外に多いのが神奈川県から見える方で、鳥好きの方が良く訪れるように見受けます。
昨日は、雨だったので、探鳥道へ入る方は少なく、ふれあい野鳥館でも、「天気がよければ歩いた見たかったけど」とおっしゃるペアがいらっしゃいました。

フィールドスコープを設置してある多目的ホールで
「最近、雨の中でもシメやツグミ、アカハラなどが観察できていますよと」とご案内すると、興味をお持ちのようだったので、フィールドスコープを2台に増やして、観察していただきました。
多目的ホールでしばらくフィールドスコープを覗いて、定期的に上映される”房総半島のサシバ”の映像もご覧になって、帰りには事務所に声をかけてくださりました。

1個50円で売っている地場の夏みかんをお買いになったので、
「本物の味って書いてありますが、夏みかんなのですっぱいですよ」とお話しました。

1 of 212Next»

— posted by admin at 09:45 am   commentComment [0] 

Copyright 2006 館山野鳥の森blog. All rights reserved.